loading
loading_open
特集記事 NO.101

第2回!採用担当者の目にとまる!履歴書の書き方

職歴欄の書き方

まずは職歴欄の書き方のポイントをご紹介します!

其の一、年号は和暦か西暦で統一すべし!
其の二、学歴と職歴は1行開けるべし!
其の三、卒業後の職歴は時系列で原則すべて記入すべし!
其の四、部署の異動なども分かりやすく書くべし!
其の五、会社名や所属部署は省略せずに正式名称を書くべし!
    (例:㈱→株式会社など)
其の六、『在職中』もしくは『現在に至る』と現在の状況を書くべし!
其の七、書き終えたら右下に『以上』を記入すべし!

職歴が多くて書ききれない?!そんな時は…

職歴が多い場合、省略しても良いのかと思いがちですが、学校卒業後の職歴は原則省略して書くことは禁止されています。
ただし、書ききれないほど職歴が多い場合は省略することも可能です。
書ききれない場合は以下のポイントを見直してみましょう!

・学歴は高校の卒業から書き始めてもOK
 学歴は高等学校からで良いとされていますが、入学は記入する必要はありません。
・業務内容は省略可
 ただし、昇進や異動など企業にアピールできる項目はできるだけ残しておきましょう!
・入社と退職を一行に収める
 (例:○○株式会社 入社(令和○年○月 一身上の都合により退職))
・『在職中』と『以上』は同じ行でもOK

それでも書ききれない…そんな場合は

上記のポイントを見直しても、職歴が収まらないという場合は自分で履歴書を作成してしまうのもアリです◎

最近では、『履歴書 テンプレート』などと検索してネットからご自身で作成された履歴書を持参いただく方も増えています。
フォーマットが定められていない企業であれば、見やすく伝わる履歴書を作成してみてくださいね!